「ちょっと今から仕事やめてくる」を読んでみた

以前、新聞の書評記事を見て気になっていた「ちょっと今から仕事やめてくる」(北川恵海著、メディアワークス文庫)を読んでみました。
若き主人公隆は、ブラックとも言える会社で働くサラリーマン。心身ともに疲れ果てた時に出会った、「同級生のヤマモト」と称する男性と関わることで、隆の会社人生は変わっていく……。というストーリー。
私自身、若い頃は会社が嫌で嫌で仕方なかったことがあり、駅のホームでふらふらしてしまう隆の気持ちは本当に共感できます。
この電車に飛び込んだら、明日から出社しなくていいんだよな、なんて何度思ったことでしょう。
隆の最初の様子に共感できる私のような読者は大勢いるのではないでしょうか。
でも、ホームでふらついた隆は「ヤマモト」の手によって助けられる。
ヤマモトは妖精さん?天の神様の使者?こんないい奴、現実にはいないよ〜っ!
こんなヤマモトのような存在はなかなか実在しないからこそ、私たちは歯を食いしばり自力でなんとか生き続けるわけで……。
都合のいい話だよな、と思いつつも、ストーリーについ引き込まれて続きを読んでしまうのは、隆の人物像がリアルかつどこにでもいそうだからこそ共感できて自己投影できるから、なのかな。
途中、隆が仕事で窮地に追い込まれる場面やヤマモトの正体など、予想できてしまう部分があったので(しかもどちらも私の予想どんぴしゃり当たりだった)、そこはまだ作者が甘いのかな。それとも、わざと分かりやすく書いたのか?
と、先がある程度分かってしまうにも関わらず、軽やかに読み進めることができました。
そして最後の最後。
ああ、こういうことだったのね。これはさすがに予想しなかったわ。
ちょっとできすぎな気もするけれど、現実的ではないとは思うけれど、これはある種のファンタジー。
現実もこうなってくれたらいいのにな、なんて思える素敵なラスト。
生きていくって辛くてしんどくて理不尽なことばかり。
でも、絶対いいことだってあるよね、と思える救いのある締めくくりが本当に良い作品だと思います。
そうそう、ヤマモトの話す関西弁がとても自然でした。
それもそのはず、作者の北川恵海さんは大阪の出身なんですね。キレイモ 予約

誰がまともなのか、そうでないのかわからなくなります

孫に学資を贈与してくれるお年寄りなど、庶民にはいないのかもしれません。それこそ、そのシステムを作った人には、恩恵があったのかもしれないです。東京の年寄りとは違い、地方の年寄りはお金がありません。家を守り続けて、外で働いていないからです。贈与する人は少ないのではないかと思います。
事情があって、ぼろアパートに避難していますが、車は自宅に置いていて、時々使っているとうことがあります。たまたま、アパートの前に停車すると、向かいの新しいアパートから、ご夫婦が出てきました。50代です。奥さんは今年買ったであろう日傘をさして、デパートにでも行くのでしょうか、仲睦まじいです。
しかし、やっかみではありませんが、50代で、アパートです。うちのように、お隣からの嫌がらせでもないでしょう。転勤族なのでしょうか。社会人風の一人息子もいます。古そうな車も近くの駐車場をかりているようです。こうなると、誰がまともなのかわからなくなります。アリシアクリニック キャンペーン

散歩で日々の一日を写真に収めて楽しもう♪

せっかくのお休みの日に天気が良くてもだらだらしてしまいがち、そんな日々を変える為にお散歩をはじめました!遠くに行くとお金もかかってしまうし、体も疲れてしまう。でも、近所のお散歩くらいならお金も体力もかからず経済的ですよ♪デジカメとお財布とお茶を持つだけで散歩の準備は完璧です。ふと入った小道なんかに可憐な花が咲いていたりして見ていると和みます。時たま同じく散策中の猫にもであったりして。そういう時は持ってきたデジカメで撮影して楽しんでます。近所にある神社なんかも人気のない清廉された佇まいで私を迎え入れてくれます。神社に入るとよく風が通りぬけているので木々が揺れる感触を確かめながらのんびり過ごすのはいいものです。身近なお散歩スポットを見つけて写真に収めアルバム帳に張るのが一番の楽しみです。アルバム帳をマスキングテープで可愛くしてみたり。きっと近所でも知らない小道や通路があるはずなので自分だけの散歩道をつくって日々を楽しんでみるのはいかがでしょうか♪ミュゼ 100円

幸せだけど幸せでない私のライフ!通常解決するしかたを探してある。誰かソリューションを教えて下さい

俺は、社会人になったばかりの人物でまだまだ生業にも大して慣れずにいましたが私の働いていた勤め先のお客様や同僚の人達がかなりやさしくしばらくすると気づかないうちに馴染んでいた。
ある日勤め先の人達がウェルカムパーティーを通じてくださったところ一部分上の精鋭とぶつかりその精鋭の間近って精鋭でとことんレクレーションに連れてってもらいました。
初めて夜中まで遊んだりして結構楽しかったのを覚えています。
けれどもその精鋭がまったく女性に有名があり、私の同僚の両者が精鋭にストライクしてしまったので俺は、標的になりました。同僚の1お客様は、その精鋭のことが好きなめったに精鋭になんどもアタックしていましたが精鋭に気に入って貰えなかったこともあり精鋭から精鋭って仲の良かった私の手法に向いてしまいました。
そしたらは精鋭たちといった出かけた時や俺が寮の客間にいない時は、ストーカーのように(どこにいるの?)ってコメントが飛んで来る状態で俺は、 初めは、正直に答えていましたが、ストーカー営みがひどくなってきたので次第に誤魔化していきました。
しばらくしてその精鋭が生業を辞めたのでストーカー営みは、無くなりたが精鋭の友達のお客様といった付き合い始めたところ精鋭のことをマニアだった両者がその友達のことをマニアだったみたいで付き合っていても気にすることなく両者ともアタックを繰り返していましたが俺は、生業を離れることになったので俺って恋人というで新天地をでました。
それからは、両者から連絡が来ることも全然なくなりましたが私たちの間に幼児ができ今では、別々に暮らしています。
住居に居たくないけど親には、逆らえずにおける結果痛手になっていますし恋人のとこをめぐってもちょっぴり舞い戻るお日様を伸ばしただけでなんで?って聞いてくるしで幸せなのですが幸せでは、ありません。
日毎解決するメソッドを探しています。背中 レーザー脱毛