葉物野菜が安くなると主婦は笑顔になります

毎年、冬になると野菜の金額が高くなり、キャベツや白菜などの葉物を買うのを躊躇してしまいます。今年もやっぱり野菜は高く、真冬に鍋物ができない!という日もありました。3月になり春キャベツがお店に並び始めたので、さっそく1玉買って帰りました。ひさびさの1玉です。
春キャベツは柔らかくてそのまま食べてしまいたいところですが、我が家は違います。このキャベツは家族全員が好きな「お好み焼き」に変身です。ざくざくっと包丁を入れ、少し細かめに切りました。春キャベツの柔らかい食感を味わいたくて、他のものは入れず、粉とキャベツのみの「お好み焼き」を作ってみました。油は少なめにひき、生地をフライパンに薄く流します。その上に粉とキャベツを混ぜたものを山盛り投入、またその上に生地を乗せ、2分待ちひっくり返します。フライパン返しで押さえるとぺったんこになるからダメと言う人もいますが、私は逆にぺったんこにしたい派です。キャベツ多めの我が家のお好み焼きは少し押さえたくらいではつぶれませんが、ひっくり返したあと、しばらくふたを閉めると出来上がりが、外はぱりっと、中はふんわりのお好み焼きの出来上がりです。
お好み焼きソースは少し甘め、青海のりと、かつおぶしをふりかけて好みでマヨネーズもお皿にのせておきます。つけて食べても美味しいです。
今回は春キャベツ1玉全部使ってしまいました。早く葉物野菜が安くなってほしいです。キレイモ 9500