白の世界へ!札幌雪祭りを楽しんできました

一週間札幌で開催されている、雪まつりへ行ってきました。心配だったのがお天気です。天気予報でもチェックして、寒さに備えました。ところが思ったよりも暖かく、観光するにはとても良かったのですが。雪像はその暖かさの為に、「崩れる恐れがあって危ない」とのことで壊されているものがありました。残念でしたが、安全には変えられませんので仕方ないなと思いました。大雪像は本当に迫力があり、雪で作られているとは思えないほどでした。大雪像の旧台中駅は、細部まで作られていてその繊細さにも驚きました。子どもが気に入った大雪像は、ファイナルファンタジーでした。ドラゴン(本当はなんなのでしょう?)の迫力、剣の鋭さと世界観が表現されていてそこが子どもには受けたようです。夜のプロジェクションラッピングはそれに輪をかけて素晴らしいと聞いていたのですが、時間的に行くことが出来なかったのが残念でした。私のお楽しみはもう一つありました。札幌の「森彦」と言うカフェが雪まつりに出店しているのです。雪まつりには「雪のおしるこ」を出されているのです。このおしるこは、ミルクと白あんが使われているので小豆色ではなく「白」なのです。白玉でほっこり、グラノーラの食感がアクセントになっておりとても優しいお味でした。雪で感動し、おしるこであたたまりとても良い時間を過ごしてきました。