これから混乱は静まり商圏は落ち着きを取り戻すだろう

今年はアメリカ合衆国株や日本株のアノマリーは通用しないかもしれないと思っていたのですが、英のEUからの退場判断でごっそり株が売られたのを見せられるというどうしてもアノマリー町ではないかと見まがうのでした。
ちょっとあの英国が世界の目論見といった真裏なことをやってしまうは、夢にも思わなかったし、それは倍率がおおハズレしたことからも通え、今や世間も末日なのではないかといったなんとなく私も悲観に陥ってしまいみたいになりました。
それに与え、11ひと月のアメリカの大統領選挙でもしもトランプ様が大統領にでもなってしまったら一体事情はどうなってしまうのだろうかと考えてしまいました。
一時期株を通していたことがあるのですがこんな時に株を通していなくてぼくははたして幸せと思いました。
ただしこのような時こそ英国がEUを離脱した混乱はゆくゆく収拾し、また以前のように世界は落ち着きを取り戻すだろうと、クールに位置付けることも大切ではないかと思います。
徐々に株価が底入れすることを考えると、将来に向けて買うタイミングを見極めるべき期間が間もなくそこに来ているような気がします。カード キャッシング 審査