おしゃれな人って、ちゃんと自分のことがわかっている

街中で本当におしゃれな人を見かけると、「私もあんなふうに洋服を着たいな」と思ったりすることってあると思います。
でも、おしゃれになりたいと思って、本当におしゃれになれるものなのでしょうか。
他人の真似をしたり、お店のマネキンのコーディネートをそのまま購入して着たとしても、おしゃれになるというわけではありませんよね。
なんとなく感覚的なものではありますが、おしゃれというのは、もちろん良い服を着ることも大切なのですが、まず第一に自分に似合う服を着ることだと思っています。
なので、おしゃれな人を見て、そっくりそのまま真似をすればおしゃれになれるということでもないのが難しいところです。
でも、本当におしゃれな人というのは、自分と同じような服を着ても、なんだか上手に着こなしているように見えてしまいます。
自分の見せ方だとか、逆にこの服はこんな風に見られるというような、洋服や色、スタイルの特徴をしっかりと把握しているような気がします。
そう考えると、洋服を着たり、着こなしを考えたりするというのは、洋服と自分との会話のようなものかも知れないと思えてきますよね。
お互いのことをよく知っていないと、うまく意思疎通が取れなくて、ちぐはぐなことになってしまうんでしょうね。