「ちょっと今から仕事やめてくる」を読んでみた

以前、新聞の書評記事を見て気になっていた「ちょっと今から仕事やめてくる」(北川恵海著、メディアワークス文庫)を読んでみました。
若き主人公隆は、ブラックとも言える会社で働くサラリーマン。心身ともに疲れ果てた時に出会った、「同級生のヤマモト」と称する男性と関わることで、隆の会社人生は変わっていく……。というストーリー。
私自身、若い頃は会社が嫌で嫌で仕方なかったことがあり、駅のホームでふらふらしてしまう隆の気持ちは本当に共感できます。
この電車に飛び込んだら、明日から出社しなくていいんだよな、なんて何度思ったことでしょう。
隆の最初の様子に共感できる私のような読者は大勢いるのではないでしょうか。
でも、ホームでふらついた隆は「ヤマモト」の手によって助けられる。
ヤマモトは妖精さん?天の神様の使者?こんないい奴、現実にはいないよ〜っ!
こんなヤマモトのような存在はなかなか実在しないからこそ、私たちは歯を食いしばり自力でなんとか生き続けるわけで……。
都合のいい話だよな、と思いつつも、ストーリーについ引き込まれて続きを読んでしまうのは、隆の人物像がリアルかつどこにでもいそうだからこそ共感できて自己投影できるから、なのかな。
途中、隆が仕事で窮地に追い込まれる場面やヤマモトの正体など、予想できてしまう部分があったので(しかもどちらも私の予想どんぴしゃり当たりだった)、そこはまだ作者が甘いのかな。それとも、わざと分かりやすく書いたのか?
と、先がある程度分かってしまうにも関わらず、軽やかに読み進めることができました。
そして最後の最後。
ああ、こういうことだったのね。これはさすがに予想しなかったわ。
ちょっとできすぎな気もするけれど、現実的ではないとは思うけれど、これはある種のファンタジー。
現実もこうなってくれたらいいのにな、なんて思える素敵なラスト。
生きていくって辛くてしんどくて理不尽なことばかり。
でも、絶対いいことだってあるよね、と思える救いのある締めくくりが本当に良い作品だと思います。
そうそう、ヤマモトの話す関西弁がとても自然でした。
それもそのはず、作者の北川恵海さんは大阪の出身なんですね。キレイモ 予約