〇〇のことを何という検索ワードが結構ネタに使えそう。

先ほど、双六のスタートの事はどういう日本語を使ったらいいかで、「双六のスタートをなんという」という言葉で検索を書けた。無事「ふりだし」という言葉を見つけられたんだが、グーグルの検索結果の横に関連ワードで〇〇のことを何というという言葉がいくつか出てきた。
これは、結構ブログを書く時にネタとして使えるかもしれないな。
例えば、「電話をかけることをなんという」で、答えは「架電」と出てきたのだが自分は知らなかった。よくよく他の検索結果を見てみると一般的に使う言葉じゃないとも書いてある。業界によって違うのであろうか?こういう言葉ってのは覚えておいた方が良いのか。
ただ、あまり一般的でないとするならば知識だけにとどめて使用するのは控えたほうがよさそうだ。もっとも会社でも自宅でも結構電話の受け答えって結構難しいし良く緊張するんだよね。面と向かって話をする場合にはそうでもないし、メールとかの文章であればタイムラグがあって調べる時間もあるから楽なんだけど。ミュゼ キャンセル